開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットをご紹介!

バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットをご紹介!

≪ 前へ|賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安と家賃や住み替え時期について解説   記事一覧   年収400万円世帯の家賃とは?家賃の目安や生活レベルについて解説!|次へ ≫

バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットをご紹介!

バス・トイレ別の賃貸物件はおすすめ?メリットとデメリットをご紹介!

賃貸物件を探すとき、バス・トイレは別が良いと思っている方は多く、人気を集めています。
バス・トイレ別を選ぶ理由は、落ち着く、ゆっくりお風呂に浸かりたいなどさまざまですが、ほかにどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、バス・トイレ別の賃貸物件のメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

バス・トイレ別の賃貸物件が持つメリット

バス・トイレ別の賃貸物件には、メリットを下記に示します。

●浴槽の外で体が洗える
●トイレが濡れずに使いやすい
●お風呂用品の収納スペースに困らない


バス・トイレが一体となっている場合は洗い場にトイレがあるため、浴槽の中で体を洗うことになるうえ、トイレが濡れることもあります。
さらに同棲している場合、バス・トイレが一体となっているとお風呂にどちらかが入っている間トイレを使えないのでその間我慢しなければなりませんが、別であればその心配は不要です。
また、シャンプーやボディソープなどを置く収納スペースを確保できるのも嬉しいポイントでしょう。

バス・トイレ別の賃貸物件が持つデメリット

バス・トイレ別の賃貸物件には、以下のようなデメリットがあります。

●家賃が高いことが多い
●掃除の手間が増える
●居室空間が狭くなる


バス・トイレ別になると、それぞれ別に設備が必要となりコストが上がるため、家賃も高くなることが多いです。
また、掃除をするスペースが増えるので、バス・トイレ一体となっているものに比べると、掃除の手間は増えます。
さらに同じ専有面積の物件を比べた場合、バス・トイレ別になると広いスペースが必要となる分、居室空間は狭くなります。

バス・トイレ別の賃貸物件の家賃

バス・トイレ別の賃貸物件は人気が高く、また設備にかかるコストも高くなるので、バス・トイレが一体となったものより家賃の相場は高くなる傾向があります。
同じような条件を持つ賃貸物件を比べた場合も、バス・トイレ別の部屋のほうが家賃は高く、その差は見逃せないほどです。
家賃は広さや設備で相場が決まっているので、バス・トイレ別で家賃が安いところを探すと、部屋が狭くなる場合もあります。

まとめ

バス・トイレ別の賃貸物件のメリットには、浴槽の外で体が洗えることやトイレが使いやすいことなどがあります。
また、反対にデメリットには掃除の手間が増える、居室空間が狭くなることなどがあります。
バス・トイレ別の賃貸物件は一体となったものより家賃も高くなるので、メリットとデメリットを考え合わせ、しっかりと検討してください。
私たち有限会社開成産業では、品川区の賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお困りでしたら、弊社までぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安と家賃や住み替え時期について解説   記事一覧   年収400万円世帯の家賃とは?家賃の目安や生活レベルについて解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る