開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安と家賃や住み替え時期について解説

賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安と家賃や住み替え時期について解説

≪ 前へ|賃貸物件における角部屋のメリット・デメリットをご紹介!   記事一覧

賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安と家賃や住み替え時期について解説

賃貸物件に家族で暮らす際の間取りの目安と家賃や住み替え時期について解説

新しい生活を始めるにあたって、家族で暮らす賃貸物件を探している方も多いと思います。
家族の人数にもよりますが、夫婦プラスアルファの人数にぴったりな間取りや家賃の目安はどれくらいなのかが重要です。
今回は、最適な間取り、家賃などの目安及び住み替え時期などについて解説していきます。
是非参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に家族で暮らす場合の間取りの目安について解説

初めに、どれくらいの間取りであれば最適なのかを解説していきます。

人数構成にもよる

たとえば4人、3人では必要な部屋数も変わってきます。
1LDKに4人で住むとなるとなかなか窮屈な生活になってしまいます。
人数分の部屋もしくは夫婦プラス子どもの人数分の部屋数を目安としていれば、最適な間取りといえます。

年齢によって必要な部屋数も変わる

子どもが小さいうちは同じ部屋でも構いませんが、大きくなってプライバシーを気にするようになれば分ける必要があります。
長く暮らす場合、それを見越した間取り選びが重要となってきます。

賃貸物件に家族で暮らす際の家賃の目安について解説

次に、家族で暮らす際の家賃の目安について解説していきます。

適性の家賃を知る

人数が多いからと言って、部屋数の多い豪華な賃貸物件に住むと家計を圧迫しかねません。
適性家賃を事前に把握することで、無理なく生活を送れるようになります。

適性家賃の算出方法

適性家賃を知るには、まずは手取り年収や月収の把握が必要です。
手取り月収×0.3が適正価格となります。
0.25をかけると理想的な価格となるので、契約しようと思っている賃貸物件と見比べてみてください。

賃貸物件に家族で暮らす際の住み替え時期の目安について解説

最後に、最適な住み替え時期について解説していきます。

ライフステージの変化による住み替え

子どもが進学したり、独立したりするタイミングは住み替えに最適な時期です。
年齢が上がるにつれて、自分の部屋も必要になってくるケースも多いと思います。
また、子どもが独立してから部屋数の多い賃貸物件に住んでいると家賃が余分にかかっているため、もう少し小さな規模に引っ越したほうがベターです。

賃貸物件は比較的柔軟に住み替えができる

持ち家だと売却してまた新しい家に住むということはハードルが高いですが、賃貸物件であれば選択肢はたくさんあります。
また、敷金礼金など必要経費は交渉や条件によって免除されるパターンもあるので、比較的、経済的に住み替えることができます。

まとめ

家族全員が不満なく暮らせる環境は、状況や人数などによって変化していきます。
自分の収入も鑑みて、ベストなタイミングで選ぶようにしてください。
私たち有限会社開成産業では、賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお困りでしたら、弊社までぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件における角部屋のメリット・デメリットをご紹介!   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る