開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の設備に食器洗い乾燥機を導入するメリットとデメリットとは?

賃貸物件の設備に食器洗い乾燥機を導入するメリットとデメリットとは?

≪ 前へ|オール電化の賃貸物件の光熱費はガス併用と比較して安い?水圧は弱い?   記事一覧   普通借家と何が違う?賃貸物件の定期借家について解説|次へ ≫

賃貸物件の設備に食器洗い乾燥機を導入するメリットとデメリットとは?

賃貸物件の設備に食器洗い乾燥機を導入するメリットとデメリットとは?

一人暮らしをしている賃貸物件に、新たな設備として食器洗い乾燥機を設置することは、メリットとデメリットの両方を伴います。
そこで、今回は一人暮らし用の賃貸物件の設備に、食器洗い乾燥機を導入するメリットとデメリットについて解説します。
設備を購入する際の参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に食器洗い乾燥機を設置するメリットとデメリットは

一人暮らしのお住まいに食器洗い乾燥機が加わると、機械が食器の洗浄から乾燥までおこなってくれるため、家事の負担が軽減されて、自分のために使えるプライベートな時間を増やせます。
手荒れの原因となる洗剤を使用する回数も減り、きれいな手元を保てることもメリットです。
また食器を手洗いするよりも、少ない水量で洗浄できる点も食器洗い乾燥機を導入する利点であり、節水節電を実現でき、光熱費の削減につながります。
こちらの設備は、平均60度から80度と高温の洗浄水で食器を洗うため、頑固な油汚れをスッキリと除去できるうえに、抗菌・除菌対策にも有効です。
一方で一人暮らしの場合、食器洗い乾燥機を賃貸物件に設置しても、1回の食事で使用する食器そのものが少ないため、機械を使うよりも自分で洗ってしまったほうが早いというデメリットもあります。
また、洗浄が可能な器の種類が限られていますし、1回に洗える量も決まっているため、食器の片付けはためおき派という場合には、1度にすべての作業を終えられない可能性も考えられます。
さらに、賃貸物件のキッチンにあったサイズの食器洗い乾燥機を選択しないと、調理スペースが狭くなってしまいます。
「運転時の音がうるさい」、「洗浄に時間が掛かる」との声も多く聞かれるため、さまざまな製品の機能を比較して購入することが必要です。

賃貸物件のキッチン設備に最適な食器洗い乾燥機の選び方は

一人暮らし用の賃貸物件に設置する食器洗い乾燥機の選び方のポイントは、使いやすさ・容量・設置場所・洗浄と乾燥に要する時間・扉の形状です。
賃貸物件に設置が可能な食器洗い乾燥機としては、据え置き型と給水タンク型の2種類が一般的に普及しており、水道分岐工事がいらない前者が単身者世帯の方達から人気があります。
ただし、水道分岐工事自体は自分で施工が可能ですし、給水タンク型の設備のほうが機能面で優れているため、自分自身がほしい性能が備わっているかどうか比較検討して、食器洗い乾燥機を選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

一人暮らしは炊事から洗濯まですべて自分自身でおこなわないといけないので、食器洗い乾燥機があると時間的にも、精神的にも余裕を持てます。
一方で、メーカーによって性能やデザインに違いが見られますから、この機会にご自身にあった食器洗い乾燥機を選んでみてください。
私たち有限会社開成産業では、品川区の賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお困りでしたら、当社までぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|オール電化の賃貸物件の光熱費はガス併用と比較して安い?水圧は弱い?   記事一覧   普通借家と何が違う?賃貸物件の定期借家について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る