開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸の間取り図を見る際に確認したい略語の意味や内見の必要性をご紹介

賃貸の間取り図を見る際に確認したい略語の意味や内見の必要性をご紹介

≪ 前へ|一人暮らしの家事が面倒じゃなくなる?自炊や掃除を簡単に習慣化   記事一覧   ロフト付き賃貸物件の上手な使い方を紹介!注意点も確認しておこう|次へ ≫

賃貸の間取り図を見る際に確認したい略語の意味や内見の必要性をご紹介

賃貸の間取り図を見る際に確認したい略語の意味や内見の必要性をご紹介

賃貸物件を探すとき、まず確認するのが間取り図です。
しかし、間取り図には意味を理解できない記号や略語が書き込まれていることも多く、「何の意味なのか知りたいけれど不動産屋に聞きにくい」という人も少なくありません。
今回は、賃貸の間取り図に書かれている略語の意味や、内見の必要性について詳しくご紹介しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸の間取り図にある略語の意味は?

間取り図を見ていると、「K」や「LDK」、「WC」など、だいたいの人が一目で理解できる略語が出てくることが多いです。
「K」はキッチン、「LDK」はリビングダイニングキッチン、「WC」はトイレのことなので、どのような間取りになっているか大まかに理解できるでしょう。
また、「CL」はクローゼット、「UB」はユニットバス、「BR」はベッドルームというように、雰囲気でわかる略語もあります。
しかし、なかには、初めて見るような略語が記載されていることもあるのです。
特にわかりにくい略語に、シューズボックスのことを示す「SB」や、ロフトのことを示す「RF」、ストレージ=収納のことを示す「Sto」などがあります。
また、メーターボックスのことを「MB」、パイプスペースのことを「PS」、冷蔵庫の設置場所のことを「R/冷」と表している間取り図も多いです。

賃貸の間取り図の略語を確認するためにも内見の必要性がある

間取り図には何の意味かわからない略語も多いため、一つひとつ不動産屋に確認するより、内見したほうが早い場合がほとんどです。
内見とは「内部見学」を略した言葉で、完成した新築物件を確認する「内覧」とは区別して使われています。
内見の際は間取り図と照らし合わせながら確認していくことになるため、よくわからなかった略語があった場合も、その意味もすべて理解できるでしょう。
また、間取り図だけではわからない日当たりや設備のきれいさなども確認することが可能です。
内見せずに物件を決めた人のなかには、「間取り図とイメージが違いすぎた」「住人のマナーが悪く、トラブルになった」など、住んでから後悔する人も少なくありません。
そうならないためにも、内見の必要性をしっかり理解しておきましょう。

まとめ

賃貸物件の間取り図に意味のわからない略語があると、間取りを正確に理解できません。
実際に内見して間取り図と照らし合わせながら確認することが重要です。
内見の際には、コンセントの位置や壁の傷など、間取り図ではわからない部分まで細かくチェックすることをおすすめします。
私たち有限会社開成産業では、賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお困りでしたら、当社までぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一人暮らしの家事が面倒じゃなくなる?自炊や掃除を簡単に習慣化   記事一覧   ロフト付き賃貸物件の上手な使い方を紹介!注意点も確認しておこう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る