開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > マンションが暑いのはなぜ?原因や対策を知っておこう

マンションが暑いのはなぜ?原因や対策を知っておこう

≪ 前へ|賃貸物件の中部屋の特徴を知ろう!角部屋とはどう違う?   記事一覧   賃貸物件の日当たりは部屋の向きでどう違う?メリット・デメリットもチェック! |次へ ≫

マンションが暑いのはなぜ?原因や対策を知っておこう

マンションが暑いのはなぜ?冬は寒い?対策はある?

マンションで暮らし始めてその暑さや寒さに悩んでいる方や、その話を聞いて集合住宅の住み心地を気にしている方はよくおられます。
ここではマンションの室内で暑さや寒さを感じやすい理由のほか、快適に暮らすために知っておきたい対策などをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マンションが暑いのはなぜ?冬は暖かくて快適に過ごせる?

夏に暑いマンションなら寒さには強いと思われがちですが、残念ながらそうとは限らず、冬には室内へ伝わる冷気に悩まされることが多いのです。
暑さも寒さも原因は共通で、つまりは外気がお部屋のなかへと比較的強く伝わっているのです。
その理由はまず、住居の断熱性能が今一つであることを挙げられます。
これが十分に高ければ外気をしっかりと遮断できますが、不十分だと伝わってしまい、夏の暑さや冬の寒さが強く感じられるのです。
マンションに多く使われるコンクリートはそもそも熱伝導率が高いため、十分な断熱材がなければ外気が伝わりやすいことも関係しています。
さらに木造物件に比べると気密性が高く、風通しが一般的にあまりよくないため、冬場は快適である一方、夏場は暑く感じられます。
また、室内で多くの家電製品を同時に使用することも、放出された熱がこもって夏場には暑く感じられるため注意が必要です。
新築のマンションでは断熱性能などが配慮され、快適に暮らせる住居も多いのですが、古い物件では設備が不十分で、暑さや寒さを強く感じることが比較的よくあります。

マンションがなぜ暑いのか?有効な対策を取ろう

紹介したように暑さも寒さも原因に共通点があり、対策により夏と冬の両方で住み心地が改善することも多いです。
特に外気温の影響を受けやすい最上階や角部屋、地表からの暑さや寒さが伝わりやすい1階では、効果を実感しやすいでしょう。
外気は窓からよく伝わるため、窓ガラスに断熱シートを貼ったり、カーテンを断熱性能の高い特殊なブラインドに交換したりするのが有効です。
直射日光は夏の暑さの原因であるため、日当たりが特に良い物件ではすだれや遮光カーテンを用いるのもおすすめです。
バルコニーからの照り返しを防ぐため、ウッドデッキや人工芝を敷くのもよいでしょう。
夏場に風通しが悪く感じる場合、換気扇を回しながら窓を開けると風がしっかりと入り、涼しく感じられます。
また、室内の暑さと寒さを直接和らげるにはエアコンが役立つため、サーキュレーターなど使用しつつ冷暖房をそれぞれ使用してみてください。
このような対策のほか、日中はカフェや図書館など近隣のお店や施設に出かけるといったアイデアも有効な対策です。

まとめ

コンクリート製のマンションなら暑さや寒さに悩まされないイメージを持たれがちですが、実際は外気が伝わりやすい物件も少なくないのが実情です。
マンションの住み心地にお悩みの方は、紹介した原因や対策をぜひ参考にしてみてください。
賃貸物件をお探しの方は、私たち有限会社開成産業お任せください!
1人暮らしの方におすすめの物件を多数ご案内しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の中部屋の特徴を知ろう!角部屋とはどう違う?   記事一覧   賃貸物件の日当たりは部屋の向きでどう違う?メリット・デメリットもチェック! |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る