開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で同棲をするときの審査と無許可で負うリスクのポイントを解説

賃貸物件で同棲をするときの審査と無許可で負うリスクのポイントを解説

≪ 前へ|子育てファミリーにおすすめする賃貸物件の設備を解説!   記事一覧   賃貸物件のアルミサッシ窓における寒さ対策と結露対策を解説|次へ ≫

賃貸物件で同棲をするときの審査と無許可で負うリスクのポイントを解説

賃貸物件で同棲をするときの審査と無許可で負うリスクのポイントを解説

現在賃貸物件を探している方のなかには、新しい物件に引っ越すのを機会に同棲を始めたいという方も多いと思います。
今回は同棲についてどういった審査が必要で難易度はどれくらいなのか、また無許可で二人暮らしを始めた場合どのようなペナルティーがあるかを解説していきます。
是非参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で同棲をする際の審査の難しさについて解説

はじめに、二人暮らしを始める際に必要な審査の難しさに関して解説していきます。

同棲は通常よりも審査が厳しく設定されている

本来一人で住むための部屋に複数人いると、周囲に対する影響も変化していきます。
たとえば騒音問題については、一人暮らし以上に移動する人間の数が増えるため起こるリスクが高くなります。
また家賃の滞納リスクや長期間住む見込みがなくなるため、条件が厳しくなっています。

部屋が傷つく可能性も高くなる

一人で暮らすよりも、設備を使う頻度などが高くなるため傷つきやすいというリスクもあります。
貸主はそのリスクを回避するために審査を厳しくしているので、すぐに同棲を始めることは難しいです。

賃貸物件で無許可で同棲を始めるとどうなるか

次に無許可で始めた場合どういったペナルティーが科せられるかを解説していきます。

入居前に報告する義務がある

単身で契約を交わしている場合、人数が増えると契約違反となります。
少なくとも次の更新ができなかったり、最悪の場合即退去を言い渡される可能性もあります。

大家さんへの相談は必須

賃貸物件にもよりますが、相談次第では許可してくれる物件もあります。
入居前の報告及び相談でたとえ可能となった場合でも、使い方やマナーが悪い場合さまざまな規約に抵触してしまうので気を付けてください。

賃貸物件の同棲の審査を通過しやすくするポイントは何か

次に審査に通過しやすくなるポイントについて解説していきます。

安定した収入があることが前提

入居する一人の収入が安定していることは、まず賃貸物件を借りるうえで必須です。
くわえて連帯保証人として安定した収入のある親や兄弟をたてる場合がありますが、同棲相手も同様に保証人にしておくことで信頼度が増します。

二人の関係性の薄さを解消する

二人の入居可となるには、関係性の薄さを解消しなければなりません。
ただ付き合っているだけではなく、将来的に結婚をする見込みがあるなどの条件が必要です。

まとめ

賃貸物件で同棲を始めるにはかなり高いハードルの審査を通過しなければなりません。
収入面や関係性などのポイントをクリアして交渉に臨むようにしてください。
大田区で賃貸物件をお探しの方は、私たち有限会社開成産業お任せください!
1人暮らしの方におすすめの物件を多数ご案内しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|子育てファミリーにおすすめする賃貸物件の設備を解説!   記事一覧   賃貸物件のアルミサッシ窓における寒さ対策と結露対策を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • いえらぶポータル物件掲載中

  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る