開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > 宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットと注意点を解説!

宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットと注意点を解説!

≪ 前へ|賃貸の収納設備「ウォークインクローゼット」のメリットや注意点を解説   記事一覧   賃貸物件の一人暮らしで衣替えをする必要性とは?収納方法もご紹介!|次へ ≫

宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットと注意点を解説!

宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットと注意点を解説!

賃貸物件を探すにあたって、どんな設備があるのかを重視する方は多いのではないでしょうか。
自分のニーズに合った設備が充実していれば、快適な生活を送れますよね。
最近人気の設備のひとつが、宅配ボックスです。
この記事では、宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットと注意点をご紹介します。
賃貸物件をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットとは

宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットとしては、まず不在時にも荷物を受け取れる点が挙げられます。
家に受け取り人がいないタイミングでも荷物の受け取りが可能で、在宅時にも直接対面せずに宅配ボックスへ入れてもらえます。
仕事の都合上、宅配可能な日時に在宅できない方や、感染症対策などでできるだけ人との接触を避けたいという方にもおすすめの設備です。
また、再配達手配が不要なのもメリットです。
対面での受け取りが必要だと、不在時に荷物が届いた場合に再配達を依頼しなければなりません。
その申し込みを面倒に感じている方も多いでしょう。
宅配ボックスがあれば、荷物をボックスに入れておいてくれるので、再配達を手配する手間もかからず、自分の都合で受け取れます。

宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住む場合の注意点とは

宅配ボックスはメリットが多く便利ですが、使用するうえでは注意点もいくつかあります。
宅配ボックスでは、どんなものでも受け取り可能というわけではなく、入れられないものがある点には注意しましょう。
冷蔵・冷凍設備がないため、生鮮などの生ものは腐ってしまう恐れがあり、入れられません。
また、いくら防犯機能が備わっているとはいえ、宅配ボックスに金品などの貴重品を入れるのは避けましょう。
機械式の宅配ボックスだと、偶然にでも暗証番号が合致してしまうと、そのまま荷物を盗まれる危険があります。
くわえて、簡易書留などの郵便物や、サイズが大きすぎて物理的に入らない荷物も、宅配ボックスでの受け取りはできません。
そして、宅配ボックスは住民が共同で利用する設備なので、常に利用できるとは限らないのも注意点です。
宅配ボックスの数には限りがあり、すべて埋まってしまうと空きが出るまで利用できなくなります。
お中元やお歳暮などで荷物が多く届く時期には、満杯で利用できない可能性があります。

まとめ

以上、宅配ボックスの設備がある賃貸物件に住むメリットと注意点を解説しました。
宅配ボックスは不在時でも受け取り可能で、再配達の手間も省けるといったメリットがある一方で、入れられない荷物がある、満杯だと使用できないなどの注意点もあります。
両方の面を踏まえたうえで、検討するのが大切です。
私たち有限会社開成産業では、賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお困りでしたら、当社までぜひお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の収納設備「ウォークインクローゼット」のメリットや注意点を解説   記事一覧   賃貸物件の一人暮らしで衣替えをする必要性とは?収納方法もご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る