開成産業TOP > 有限会社開成産業のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の1階は戸締りが重要?防犯対策と注意点とは

賃貸物件の1階は戸締りが重要?防犯対策と注意点とは

≪ 前へ|実は1階はメリットだらけ?賃貸の1階で快適に暮らすには   記事一覧   賃貸の部屋探しにおすすめの時期や気を付けたいこととは?|次へ ≫

賃貸物件の1階は戸締りが重要?防犯対策と注意点とは

賃貸物件の1階は戸締りが重要?防犯対策と注意点とは

賃貸物件の1階は家賃が安いことが多く、魅力的ですよね。
ですが、1階は防犯上のリスクがあるので住みたくないという人が多いのも事実です。
特に女性のひとり暮らしを考えている方は不安ですよね。
そうはいっても、他の賃貸物件が見つからない場合や、さまざまな事情で1階に住むことを希望する人もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、1階の賃貸物件でできる戸締りや対策と注意点をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

1階の賃貸物件でもできる戸締り対策とは

なぜ賃貸物件の1階はしっかりとした戸締りが大事なのでしょうか?
1階は空き巣などにとって侵入しやすく逃げやすいからです。
オートロックなどの設備が整っていても、塀を越えて敷地内に入られた場合は、ベランダなどから侵入できる1階部分のリスクが高まります。
また、空き巣や不審者の侵入口のほとんどが「窓」や「玄関」のため、ベランダを含む窓と玄関の対策がもっとも重要です。

玄関
空き巣被害の原因で意外に多いのが、玄関や窓の施錠忘れです。
出かけるときだけでなく、帰宅時にも施錠したかを必ず確認しましょう。
戸締りに加えて

●ドアスコープカバーの取り付け(外から覗かれないように)
●サムターンカバーの取り付け(外から手を入れて内カギを回されないように)


なども有効な対策です。

窓(ベランダ)
玄関の施錠と対策をおこなっていても、ベランダから窓を割って侵入されてしまうことも考えられます。
窓とベランダの対策として

●ベランダに人感センサーライトの取り付け
●ベランダに砂利を敷く(歩くと音がでる)
●窓に防犯フィルムを貼る
●サッシの上下に補助錠を取り付ける


上記の防犯対策をおこなうことで、不審者から「侵入しづらい家」だと認識されることが重要です。

1階の賃貸物件に住む際の戸締りの注意点とは

1階に住むときに気を付ける犯罪は空き巣だけではありません。
特に女性のひとり暮らしでは、不審者などにも注意する必要があります。

●女性のひとり暮らしとわかるような可愛らしいカーテンは避ける
●洗濯物は室内に干すか、男性用の下着を一緒に干す
●部屋の鍵をポストなど誰でも取れるところに隠さない
●郵便受けの表札はフルネームと手書きは避け苗字だけを記載


つきまわれているような不安がある場合は、部屋を特定されないように十分注意しましょう。

まとめ

賃貸物件の1階は家賃が安いほかにも荷物の出し入れや引っ越しが楽などのメリットがありますが、防犯上のリスクが高いことも事実です。
ですが、日頃の戸締りや防犯対策をおこなうことで、リスクを低くすることができます。
1階の賃貸物件を検討している方は、リスクとメリットを比較してみてくださいね。
私たち有限会社開成産業では、賃貸物件を多数取り揃えております。
住まい探しでお困りでしたら、当社までぜひお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|実は1階はメリットだらけ?賃貸の1階で快適に暮らすには   記事一覧   賃貸の部屋探しにおすすめの時期や気を付けたいこととは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 内部ブログ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社開成産業
    • 〒142-0064
    • 東京都品川区旗の台3丁目11-12
    • TEL/03-3786-8168
    • FAX/03-3784-1325
    • 東京都知事 (10) 第42887号
  • 更新物件情報

  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中
  • 仲介会社向けサイト

トップへ戻る